甘利山倶楽部
甘利山情報館
※この定款例を参考に、各団体の実情にあわせて定款を作成して下さい

 

特定非営利活動法人甘利山倶楽部定款

 

第1章  総則

(名称)

第1条 この法人は、特定非営利活動法人甘利山倶楽部という。

(事務所)

第2条 この法人は、主たる事務所を山梨県韮崎市旭町上条北割2006番地1に置く。

 

 

第2章 目的及び事業

(目的)

第3条 この法人は、甘利山の自然を愛する全ての人達に対して、甘利山の自然を次の世代に確実に譲り渡すために、自然保護のあり方を探求し、人と自然のかかわりを育むことに関する事業を行い、韮崎市及び周辺地域の活性化と青少年の育成に寄与することを目的とする。

 

(特定非営利活動の種類)

第4条 この法人は、その目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

(1)まちづくりの推進を図る活動

(2)観光の振興を図る活動

(3)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動

(4)環境の保全を図る活動

(5)子どもの健全育成を図る活動

 

(事業)

第5条 この法人は、その目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 特定非営利活動に係る事業       

 ヾ斗山における自然保護に関する事業

◆ー然保護に関する調査及び研究事業

 甘利山及び周辺地域の文化と歴史の継承に関する事業

ぁヾ斗山の利用者のための受託事業

ァ^汰甘仍海亡悗垢觧業

Α|楼荼鯲及び青少年育成に関する事業

А,海遼/佑粒萋阿亡悗垢詆甬攘屡及び機関紙の発行事業

─,修梁礁榲達成のために必要な事業

 

(2) その他の事業

 (品販売事業

◆ヾ儻事業

 

2 前項第2号に掲げる事業は、同項第1号に掲げる事業に支障がない限り行うものとし、利益を生じた場合は、同項第1号に掲げる事業に充てるものとする。

 

第3章 会員

(種別)

第6条 この法人の会員は、次の2種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という。)上の社員とする。

(1) 正会員 この法人の目的に賛同して入会した個人及び団体

(2) 賛助会員 この法人の事業を賛助するために入会した個人及び団体

      

(入会)

第7条 会員の入会については、特に条件を定めない。

2 会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込書により、理事長に申し込むものとし、理事長は、正当な理由がない限り、入会を認めなければならない。

 

3 理事長は、前項のものの入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければならない。

(入会金及び会費)

第8条 会員は、総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。

 

(会員の資格の喪失)

第9条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。

(1) 退会届の提出をしたとき。

(2) 本人が死亡し、又は会員である団体が消滅したとき。

(3) 継続して2年以上会費を滞納したとき。

(4) 除名されたとき。

 

(退会)

10条 会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。

 

(除名)

11条 会員が次の各号の一に該当するに至ったときは、総会の議決により、これを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。

(1) この定款等に違反したとき。

(2) この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

 

 

第4章 役員及び職員

(種別及び定数)

12条 この法人に次の役員を置く。

 

(1) 理事 3人以上10人以内

(2) 監事 2人

2 理事のうち、1人を理事長、3人を副理事長とする。

(選任等)

13条 理事及び監事は、総会において選任する。

 

2 理事長及び副理事長は、理事の互選とする。

3 役員のうちには、それぞれの役員について、その配偶者若しくは3親等以内の親族が1人を超えて含まれ、又は当該役員並びにその配偶者及び3親等以内の親族が役員の総数の3分の1を超えて含まれることになってはならない。

  監事は、理事又



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

甘利山倶楽部
Copyright © 甘利山倶楽部